About Us

科学の進歩にとって最も大切なことは、これまでの常識に囚われず世の中の常識を否定することができる人がいることです。常識に囚われていては、新しい科学を生むことはできません。ガリレオガリレイの地動説は、それまでの絶対的常識であった天動説を否定しました。盛田昭夫さんが作ったウオークマンも、スピーカーも録音機能もないレコードプレーヤーであったため、社内でも否定されたそうです。スティーブジョブズのiPhoneは、日本の携帯電話メーカーにワンセグも着メロもないのかと嘲笑されました。科学も技術もその時代の常識を否定したところから新しい発見と発明が生まれます。

日本の大学教育はその時代の常識を教えます。非常識な回答では点数がとれません。セレンディップ研究所は、日本の科学文化と教育制度の限界を超える新しい民間の研究教育機関として設立しました。

ナノフォトニクスおよびプラズモニクスなどの高度な科学技術に関する研究開発、教育、コンサルタント、受託研究を行っていますが、分野はこれらに限られません。世界の高度科学技術の発展に寄与することを目指しています。

大学同様に、国の研究助成補助金や民間の研究委託、共同研究、あるいは出張講義、講演などを行います。阪大名誉教授の主任研究員と博士号を持つ4人の研究員、2名の事務スタッフが研究相談や講演依頼を受けています。新しいビジネスモデルですので試行錯誤が続きますが、いわゆるベンチャー企業とは異なり地に足の着いた地道な活動を行っています。

気楽にお問い合わせいただければ幸いです。

セレンディップ・メンバー一同

会社概要

会社名   有限会社セレンディップ研究所

事業内容  1. ナノフォトニクスおよびプラズモニクスなど高度科学技術に関する研究開発並びに受託研究

      2. 高度科学技術に関する講演会、各種セミナーなどの開催

      3. 科学技術に関する書籍の企画、編集、制作

      4. 科学技術コンサルタント

本社    大阪市北区梅田1-1-3-914

研究室   吹田市山田丘2-1 大阪大学フォトニクスセンターP3棟

研究員   主任研究員  河田 聡

       研究員    畔堂  一樹

       研究員    Zhang  Zhiqiang

       研究員    Yu  Jun

       研究員    齋藤 広大

                 特任研究員  藤田 克昌

       特任研究員  田口 敦清

       特任研究員  熊本 康昭

コンタクト

電話:06-6879-8484

e-mail: inquiry.serendip@gmail.com