研究員紹介

主任研究員

河田 聡|Satoshi Kawata

http://www.skawata.com/

1974年大阪大学応用物理学科卒、79年同大学院博士課程修了。工学博士。大阪大学教授、理化学研究所主任研究員などを経て、現在は阪大名誉教授、理研名誉研究員、ナノフォトン株式会社代表取締役会長。

応用物理学会会長、日本分光学会会長、Optics Communications編集長、阪大フロンティア研究機構長、同フォトニクスセンター長などを歴任。科新塾、平成洪庵の会などを創設。

紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など受賞。OSA, SPIE, IOP, JSPS fellow

研究員

畔堂 一樹|Kazuki Bando

bando@serendipresearch.org

2013年、大阪大学応用自然科学科応用物理学専攻卒業。2015年、大阪大学大学院工学研究科精密科学応用物理学専攻博士前期課程修了。2016年、同専攻博士後期過程修了。博士(工学)。

2015−2016年、日本学術振興会特別研究員(DC2)。2015年、University of Strathclydeに留学。2016年より大阪大学大学院特任研究員。2017年より、セレンディップ研究所 研究員、大阪大学大学院 招聘研究員。

専門はラマン分光イメージング、顕微鏡開発、金属ナノ粒子の合成及び、機能化。



張 志強|Zhiqiang Zhang

zhang.serendip@gmail.com

Zhiqiang Zhang received his PH.D. in 2010 from Changchun Institute of Optics, Fine Mechanics and Physics (CIOMP), Chinese Academy of Sciences (CAS). He joined Suzhou Institute of Biomedical Engineering and Technology (SIBET), CAS as a faculty member till 2014. After a two-year postdoctoral fellowship at Osaka University in Kawata Laboratory, he joined Serendip Research as a scientist in 2017. His research interests are biosensors based on plasmonics, fabrication of nanoscale functional structures, nanoparticles synthesis for SERS applications.


齋藤 広大|Kohta Saitoh

saitoh.serendip@gmail.com

2005年 慶應義塾大学理工学部物理学科卒業。2007年 同大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻前期博士課程修了。2011年 同専攻後期博士課程修了。博士(理学)。

2011年より産業技術総合研究所 電子光技術研究部門 産総研特別研究員。2015年より大阪大学大学院工学研究科 精密科学・応用物理学専攻 特任研究員。2017年よりセレンディップ研究所 研究員。大阪大学 招聘研究員。

専門は低温物性物理学,走査プローブ顕微鏡。極低温原子間力顕微鏡の開発、およびそれを用いたナノスケールの摩擦研究により学位取得。2011年~2015年 ルテニウム酸化物超伝導体を用いたジョセフソン接合の研究に従事。2015年~現在 深紫外光を用いた先端増強ラマン散乱顕微鏡の開発に従事。


特任研究員

藤田 克昌|Katsumasa Fujita

http://lasie.ap.eng.osaka-u.ac.jp/ap1g1kat/index_j.html

大阪大学大学院工学研究科准教授

2000年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。日本学術振興会研究員、大阪大学助手を経て、07年より現職。

生体観察のための光学顕微鏡の開発研究を行ってきた。最近はラマン散乱顕微鏡、超解像顕微鏡の開発とアプリケーションに関する研究に取り組んでいる。

日本分光学会、応用物理学会、日本生物物理学会、日本光学会各会員


田口 敦清|Atsushi Taguchi

http://lasie.ap.eng.osaka-u.ac.jp/taguchi/

2004年大阪大学大学院機械システム工学専攻、博士後期課程修了。博士(工学)。日本学術振興会特別研究員(DC1、PD)、理化学研究所基礎科学特別研究員、東京農工大学機械システム工学専攻特任助教などを経て、2014年3月より大阪大学大学院精密科学・応用物理学専攻、助教。

先端増強ラマン顕微鏡など、ナノフォトニクス、プラズモニクス、走査プローブ顕微鏡に関する研究に従事。特に近年は、深紫外領域におけるプラズモニクスとナノスペクトロスコピーの研究を推進。

2004年、精密工学会沼田記念論文賞、2005年ファナックFAロボット財団論文賞(特別賞)、2016年日本光学会光学論文賞など受賞。


熊本 康昭 |Yasuaki Kumamoto

http://www.researcherid.com/rid/N-7227-2013

京都府立医科大学大学院医学研究科助教(細胞分子機能病理学部門)

2011年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。理化学研究所特別研究員、大阪大学大学院工学研究科特任研究員を経て、2015年7月より現職。バイオフォトニクス、ナノフォトニクスを専門とし、特に深紫外光やラマン散乱光を利用する生体・分子計測法の研究に従事。 応用物理学会、分光学会、日本組織細胞化学会、SPIEの会員。