研究員紹介

主任研究員

河田 聡|Satoshi Kawata

http://www.skawata.com/

1974年大阪大学応用物理学科卒、79年同大学院博士課程修了。工学博士。大阪大学教授、理化学研究所主任研究員などを経て、現在は阪大名誉教授、理研名誉研究員、ナノフォトン株式会社代表取締役会長、OSA副会長。

応用物理学会会長、日本分光学会会長、Optics Communications編集長、阪大フロンティア研究機構長、同フォトニクスセンター長などを歴任。科新塾、平成洪庵の会などを創設。

紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など受賞。OSA, SPIE, IOP, JSPS fellow


特任研究員

藤田 克昌|Katsumasa Fujita

http://lasie.ap.eng.osaka-u.ac.jp/ap1g1kat/index_j.html

大阪大学大学院工学研究科 教授

2000年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。日本学術振興会研究員、大阪大学助手、准教授を経て、2018年より現職。

生体観察のための光学顕微鏡の開発研究を行ってきた。最近はラマン散乱顕微鏡、超解像顕微鏡の開発とアプリケーションに関する研究に取り組んでいる。

日本分光学会、応用物理学会、日本生物物理学会、日本光学会各会員


熊本 康昭 |Yasuaki Kumamoto

http://www.researcherid.com/rid/N-7227-2013

大阪大学大学院工学研究科 助教

2011年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。理化学研究所特別研究員、大阪大学大学院工学研究科特任研究員、京都府立医科大学大学院医学研究科助教を経て、2019年9月より現職。バイオフォトニクス、ナノフォトニクスを専門とし、特に深紫外光やラマン散乱光を利用する生体・分子計測法の研究に従事。 応用物理学会、分光学会、日本組織細胞化学会、SPIEの会員。


齋藤 広大|Kohta Saitoh

ナノフォトン株式会社 R&Dリサーチャー

2005年 慶應義塾大学理工学部物理学科卒業。2007年 同大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻前期博士課程修了。2011年 同専攻後期博士課程修了。博士(理学)。

産業技術総合研究所 電子光技術研究部門 産総研特別研究員,大阪大学大学院工学研究科 精密科学・応用物理学専攻 特任研究員,セレンディップ研究所 研究員を経て、2018年より現職。

専門は低温物性物理学,走査プローブ顕微鏡,ナノフォトニクス。極低温原子間力顕微鏡の開発,ルテニウム酸化物超伝導体を用いたジョセフソン接合の研究に従事。近年は先端増強ラマン散乱顕微鏡などのナノフォトニクス,ラマン分光分析に関する装置の研究開発を推進。


河野 省悟|Shogo Kawano

ナノフォトン株式会社 



インターンシップ

大上 能悟 |Daigo Oue

http://ouedaigo.webcrow.jp/


PhD student at Department of Physics, Imperial College London

2018年大阪大学大学院工学研究科博士前期課程修了.2018年9月にImperial College Londonの博士後期課程に進学.専門は非平衡系としての光物性理論.近接場の異常な運動量や角運動量に関する研究,人工構造を施された系の光学応答やその系における光の揺らぎの効果に関する研究,光による電子スピンの制御に関する研究などに取り組んでいる.